スポンサーサイト

  • 2010.06.11 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<虫刺され>虫の種類で症状はさまざま かゆみや赤み 命にかかわるハチ(毎日新聞)

 屋外で過ごす機会が増えるこれからの季節は「虫刺され」の心配も増える。「一口に虫刺されといっても、虫の種類や過去に刺された頻度などによって症状は千差万別」。夏秋優・兵庫医科大准教授(皮膚科)は「ハチはもちろん、蚊やブユでも炎症が強ければ皮膚科に相談を」と話す。【大場あい】

 虫刺されは、医療現場では虫刺症、虫咬(ちゅうこう)症などと呼ばれる。原因は、蚊やブユなどが血を吸うときに注入する血液の凝固を防ぐ物質▽ハチやムカデ、ドクガの幼虫(毛虫)などが攻撃や保身のために持つ有毒物質−−に大別される。

 家庭でも頻繁に経験するのは、蚊やノミ、ブユに刺され、かゆみやぷつんと膨らんだ赤い発疹(ほっしん)などが出るケースだ。夏秋さんによると、蚊などの血液凝固を防ぐ物質は有毒ではないが、人の体が「異物」と判断するため、アレルギー反応によるかゆみや赤みが起こる。一般的に、生まれて初めて蚊に刺されたときは無症状だが、何度か刺されると1〜2日後に症状が出るようになる(遅延型反応)。繰り返し刺されて幼稚園〜小学生くらいの年齢になると、刺されてすぐに出る症状(即時型反応)と遅延型の両方が出る。刺されて症状が出てから1、2時間程度でいったん治まったあと、再び赤みやかゆみ、腫れが数日以上続くケースだ。さらに同じ虫に刺され続けると、最後にはアレルギー反応が出なくなることがある。

 治療は、激しいかゆみがあるときは患部を冷やし、ステロイドの入った塗り薬などを使う。炎症が強ければ抗ヒスタミン剤なども内服する。

 虫刺されのように見えても実は肝疾患や血液疾患、金属アレルギーなど別の病気が原因のこともある。夏秋さんは「原因を推定するために、虫に刺されたと思う場所などを詳しく教えてほしい」と話す。

    ◇   ◇

 命にかかわることがあるのがハチだ。九段坂病院(東京都千代田区)の大滝倫子顧問(皮膚科)は「気分が悪い、息苦しい、体から力が抜けるなどの症状がある場合はすぐに救急車を呼ぶべきだ。全身症状がなくても、複数個所を刺されたら早急に救急外来を受診して」と話す。

 ハチに刺されると有毒物質で痛みや皮膚の赤みが生じ、だんだん膨らみが増す。初めての場合は痛みだけで済むが、2回目以降では、刺された直後よりも2、3日後に症状が最も強くなり、1週間前後で治まることが多い。刺されたら、アウトドア専門店などで販売されている毒吸引器で吸い出し、患部をきれいな水で洗う。「アンモニア水や尿にハチ毒を中和する効果はなく、患部にかけてはいけない」(大滝さん)。口内の粘膜や傷から毒が入り込む危険もあり、口で吸い出すことも避けたい。

 最も心配なのは、血圧低下や呼吸停止などの急性アレルギー反応「アナフィラキシーショック」だ。刺されて7分で死亡したケースもあり、大滝さんは「中高年以上で山林での作業などハチに刺される可能性が高く、かつてハチに刺されて全身症状を起こしたことのある人は、事前に専門医のいる医療機関に相談し、応急処置のための自己注射用エピネフリン注射薬を処方してもらった方がよい」と話す。初めて刺されたときでも、一度に数十匹に刺されると何日も体内にハチ毒が残り、数日後にショックを起こすこともあるので注意が必要だ。

    ◇   ◇

 虫刺されは市販の外用薬で対処することも多い。ケイロン薬局(東京都板橋区)の薬剤師、安部好弘さんによると、地域の薬局の強みは「虫刺され被害が多発している場所や虫の種類などの情報が入ること」。自覚症状や刺されたと思われる状況などを薬剤師に伝えることで原因を絞り込み、適切な対処につながることもある。

 市販薬は抗ヒスタミン、かゆみ止め、消炎、殺菌などの成分の組み合わせ、薬の形状(液体、軟こう、クリーム)の違いによってさまざまな種類がある。薬局では薬剤師などが、かゆみなどの症状の強さ▽過去に刺されたときに症状の悪化が長く続いた経験があるか−−などをたずねた上で、適切な薬を勧める。かゆみなどの症状が強い場合はステロイドの入った薬を勧めることもあるが、市販薬には医療用に比べ穏やかなステロイドが使用されている。「市販薬を1、2日使って症状が変わらなかったり悪化した場合は、医療機関の受診を勧めている」(安部さん)という。

 予防策としては市販の虫よけ剤(医薬部外品)が有効だ。主成分の「ディート」は皮膚に対する安全性は確認されているが、鼻や口からの吸入を避けるため、安部さんは「スプレー型の場合、小さな子どもに対しては大人が手に吹き付けた液体を首などに塗ってあげて」と話す。

………………………………………………………………………………………………………

        被害を受けやすい場所 刺されやすい部位

蚊       室内、庭、公園、山野 顔、腕、足

ブユ      渓流沿い、高原    腕、足

ネコノミ    室内、庭、公園    足(ひざから下)

トコジラミ   室内         顔、首、腕、足

イエダニ    室内         わきの下、下腹部

ハチ      人家の周辺、山野   頭、顔、手

ムカデ     室内、庭、山野    手、足

クモ      人家の周辺、山野   手

ドクガ(幼虫) 庭、公園、山野    全身

イラガ(幼虫) 庭、公園、山野    手

 ※記載以外の場所、体の部位でも刺されることはあるので、注意が必要。夏秋優・兵庫医科大准教授の資料を基に作成

………………………………………………………………………………………………………

 ■ハチに刺されたときの応急処置

・口で毒を吸い出さない(毒吸引器で吸い出す)

・きれいな水で患部を洗う

・患部を冷やす(毒の吸収を遅らせる)

・患部に残った針には触らない(針をつまむと残った毒を体内に押し込む可能性がある)

・(腕、足の場合)患部より上を軽く縛る

・患者を移動させるときは担架などを使う(背負うと患者の胸が圧迫されるため)

小澤さん、12月の欧州公演中止=9月復帰は予定通り(時事通信)
<野村克也さん>既に退院…妻の沙知代さん語る(毎日新聞)
教員の資質向上策を諮問 川端文科相(産経新聞)
朝鮮学校、個人崇拝を強化 総連、金総書記の訪中映像上映指示(産経新聞)
鳩山氏「子分に裏金」疑惑 民主代表の座カネで買う?(J-CASTニュース)

「これからも徹底抗議」=徳之島・伊仙町長(時事通信)

 鹿児島県・徳之島の大久保明伊仙町長は2日、鳩山由紀夫首相が辞意を表明したことを受け、「(日米共同声明は)次の政権でも引き継がれていく。これから徹底して抗議していく。これだけ国民の信頼を失うと辞任せざるを得ない」とコメントした。また、徳之島町の高岡秀規町長は「国のことなのでお答えする立場にない」と述べた。 

【関連ニュース】
首相との面会要求=共同声明に抗議
首相「腹案」、地元が引導=事態混迷で決着先送り論も
鳩山首相と徳之島3町長の会談要旨
首相、徳之島3町長と午後会談=普天間移転に「誠心誠意」
徳之島案「徹底して反対」=首相発言に反発

医療機関、高専賃の運営でメリット―MMPG・相楽氏(医療介護CBニュース)
HPVワクチン接種と検診受診率向上で要望書(医療介護CBニュース)
<鳩山内閣>総辞職 262日で歴代5番目の短命政権(毎日新聞)
野口さん搭乗のソユーズが帰還 カザフスタンに着陸(産経新聞)
<訃報>みな子姐さん90歳=最後の吉原芸者(毎日新聞)

<生物多様性の日>富士山麓で外来種駆除(毎日新聞)

 国連が定めた「国際生物多様性の日」の22日、富士山麓(さんろく)の静岡県富士市大淵で、環境省指定の特定外来生物オオキンケイギクの駆除活動があった。NPO法人・富士山クラブの指導で、三菱重工業の社員と家族56人が取り組んだ。繁茂する国道469号沿いの約2000平方メートルの範囲で、45リットル入りごみ袋49袋分(約3万8000株)を抜き取った。毎日新聞富士山再生キャンペーン事務局も8月1日、読者を対象にした駆除活動を計画している。

【関連ニュース】
社説:みどりの日 トキに学ぶ生物多様性
環境教育セミナー:「生物文化多様性とアニミズム」テーマに 6月5日開催
生物の多様性ってなに?/1 大量絶滅時代
地球規模生物多様性概況
生物多様性条約

政権運営で自己点検を=首相に苦言呈す―連合会長(時事通信)
環境面に徹底配慮=普天間代替施設―鳩山首相(時事通信)
ASEAN各国に自動車基準・認証協力イニシアティブを提案(レスポンス)
振興銀、4カ月の新規融資停止=金融庁が行政処分発表(時事通信)
普天間、県内移設へ声明=沖縄関係議員(時事通信)

将棋 羽生名人3連覇 三浦八段に4連勝 名人戦第4局(毎日新聞)

 福岡市中央区の九電城南クラブで18日から行われた第68期名人戦七番勝負の第4局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、九州電力協力)は19日午後9時53分、163手で羽生善治名人(39)が挑戦者の三浦弘行八段(36)を降し、4連勝で防衛した。残り時間は羽生3分、三浦1分。

【終了図をみる】将棋:羽生名人3連覇 三浦八段に4連勝 名人戦第4局

 羽生は94〜96年に次いで2度目の3連覇を達成し、名人獲得を通算7期に伸ばした。また、王座・棋聖と合わせて3冠の立場を守った。名人初挑戦の三浦の奪取はならなかった。名人戦のストレート決着は、羽生が当時の森内俊之名人に4連勝した03年以来、7年ぶり10回目。【山村英樹】

 ◇羽生名人の略歴

 埼玉県所沢市出身。85年、プロ入り。96年、史上初の7冠全制覇を達成。タイトル獲得は名人7▽王将12▽竜王6▽王位12▽王座18▽棋王13▽棋聖8の計76期。永世名人、永世王将など六つの永世タイトル資格を持つ。通算成績は1097勝420敗(勝率7割2分3厘)。

【関連ニュース】
<棋界のひと>羽生善治名人 将棋界の第一人者としての自覚と責任感
<棋界の話題>加藤一二三九段に野良猫餌付け中止を命じる判決
<現役高校生>17歳・里見が初の女流名人獲得 倉敷藤花と2冠に
<特集>記事、写真、動画でみる 将棋

ワクチン使用判断へ=口蹄疫の感染拡大防止で―農水省(時事通信)
点滴異物注入、懲役15年求刑=弁護人は執行猶予求める―京都地裁(時事通信)
大学講師が「リポート代行業」…“回数券”も(読売新聞)
勝間vs香山…結局、自分で見つける「幸せ」(産経新聞)
パブ比女性経営者と親密…偽装結婚事件の県職員(読売新聞)

島根原発あすから立ち入り検査 点検漏れ506カ所(産経新聞)

 島根原発1、2号機(松江市)で機器の点検漏れが計506カ所に及んだ問題で、経済産業省原子力安全・保安院は10日、原子力等規制法に基づいて12〜14日の3日間、同原発を立ち入り検査すると発表した。

 この問題は3月30日、中国電力が点検・交換漏れが123件あったと発表。同社は1号機を停止して再点検を始め、4月30日には点検漏れが新たに383件見つかったとする中間報告を国と島根県、松江市に提出した。

 国は4月19日〜20日の2日間、調査態勢が整っているかどうかを立ち入り検査。2回目の今回の検査では、506カ所に上った報告内容をチェック、安全性を確認する。

【関連記事】
中国電力、水島火力発電所で検査漏れ 5年前の配管交換時に
原発点検漏れ 安全文化の軽視危惧する
地元消防への情報提供明記 原発火災でマニュアル案
燃料プールで水漏れ 島根原発、微量の放射能
島根原発 ケーブル焦げ、定期点検で蒸気弁作動せず
少子化を止めろ!

<気象庁>「ラニーニャ」秋に発生の可能性(毎日新聞)
<誤認逮捕>トルコ籍の男性を強制わいせつ容疑で 仙台南署(毎日新聞)
政府案取りまとめへ詰め=普天間移設で閣僚会議(時事通信)
介護者の悩み聞くボランティアを育成へ(医療介護CBニュース)
上限なし…規制の網を NTT労組側、民主議員に「脱法献金」(産経新聞)

<日本記者クラブ賞>本紙・梅津記者に 音楽担当の受賞は初(毎日新聞)

 社団法人・日本記者クラブ(斎藤史郎理事長)は23日、毎日新聞東京本社学芸部の梅津時比古(ときひこ)・専門編集委員(61)に今年度の日本記者クラブ賞を贈ることを決めた。授賞式は5月28日の総会で行われる。

 梅津記者はクラシック音楽担当。芸術表現の本質をわかりやすい言葉で追い求めるコラムで定評がある。本紙連載中の「音のかなたへ」は、タイトルを変えながら20年以上も続き、プロの演奏家を含めた幅広い読者の共感を呼んできた。

 また、アカデミズムの研究者に並ぶ学問的業績も上げており、04年には著書「<セロ弾きのゴーシュ>の音楽論」で、ジャーナリストとして初めて芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した。

 今回、音楽の新しい聴き方を長年にわたりさまざまな形で読者に提示し、新聞の音楽評論の分野で斬新な世界を確立したことが高く評価された。

 日本記者クラブ賞は、ジャーナリズムの信用と権威を高めた記者の顕彰を目的に1973年度に創設された。09年度までに43人が受賞しているが、音楽担当記者の受賞は初。

 梅津記者は神奈川県出身。71年入社。校閲部、社会部を経て86年学芸部、97年編集委員。02年には、毎日新聞社が特に優れた専門知識と筆力を持つと評価する専門編集委員の最初の一人になった。

 他の著書に「<ゴーシュ>という名前」「冬の旅 24の象徴の森へ」「フェルメールの楽器」など多数。

 梅津時比古専門編集委員の話 音楽に耳を傾けることは、社会全般の基となる人間の心を探ることにつながるという思いで書いてきました。ジャーナリズムの中でも光の当たりにくいクラシック音楽の分野での受賞は、読者の皆様から励まされたものと思います。感謝のほかありません。

【関連ニュース】
サントリー音楽賞:09年度は指揮者の大野和士さんに
坂田記念賞:毎日新聞大阪本社編集局取材班など表彰
ひと:礒山雅さん 音楽学者がホールプロデューサー20年
小澤征爾さん:8月の長野・松本公演も降板
訃報:横山勝也さん75歳=尺八奏者、東京音楽大名誉教授

「アホんだら!」コンビニ強盗、競馬でスって自首(産経新聞)
「ただちに避難してください」…警報誤送信(読売新聞)
「維新の会」、大阪府議会で単独第2会派に 橋下新党きょう旗揚げ(産経新聞)
<天皇、皇后両陛下>国際賞授賞式に出席(毎日新聞)
中国艦艇10隻、帰投か 防衛省発表 沖縄通過、東シナ海へ(産経新聞)

不妊治療費助成の条件緩和などを陳情(医療介護CBニュース)

 JISART(日本生殖補助医療標準化機関)と不妊体験者を支援するNPO法人Fineの代表者は4月21日、福島瑞穂少子化担当相と面会し、特定不妊治療費助成の条件緩和などを陳情した。

 都道府県などが主体となって実施している「特定不妊治療費助成事業」は2004年に開始。指定医療機関で体外受精や顕微授精といった「特定不妊治療」を行う法律上婚姻している夫婦が助成の対象となっている。年度当たり1回15万円を2回まで、通算5年間支給される。所得制限額は730万円(夫婦合算の所得ベース)。

 2団体が福島担当相に提出した陳情書では、▽特定不妊治療費助成事業に関する夫婦合算の所得制限額の撤廃▽同事業に関する回数制限の緩和・撤廃▽不妊治療の保険適用範囲の拡大―の3点を求めている。

 同日の記者会見でJISARTの田中温理事長は、「不妊治療に付随する注射や検査などは少なくとも保険適用をしてほしい」と強調。宇津宮隆史副理事長も、「不妊は病気によるもの。ほかの病気と同じようにすべて保険で賄ってほしいが難しいので、助成金ということで援助していただきたい」と述べた。
 Fineの松本亜樹子理事長は、体験者のアンケート結果などから「経済的な負担がかなり大きい」と指摘。また、治療と仕事の両立で悩む人が多いため、不妊治療を受けやすい環境の整備も課題だと訴えた。


【関連記事】
「第三者の関わる生殖技術について考える会」が発足
昨年度の不妊治療費助成、7万2千件で過去最多
10年度概算要求は26兆円超―厚労省
医療・介護は「新たな成長産業」―民主マニフェスト確定版
「不妊治療」へ新発見

エア・ドゥ機が羽田引き返し=異常表示で右エンジン停止(時事通信)
無担保で1500万円貸し付け=法務省所管法人、理事長に−報酬も同時期倍増・東京(時事通信)
拉致逮捕状撤回求めず=よど号メンバー「解決に協力」−訪朝支援者に表明(時事通信)
<行方不明>ネパール人就学生の22歳女性、昨年8月から 福岡県警捜査(毎日新聞)
<JR北海道>特急展望室を廃止 衝突事故受け(毎日新聞)

<西京銀行>融資先の氏名など書かれた関係書類を紛失(毎日新聞)

 西京銀行(本店・山口県周南市)は19日、融資先の氏名や融資申込金額など個人情報が書かれた関係書類を推定で1786件紛失したと発表した。

 本店営業部の管理で、06年10月〜08年3月の融資分。今年3月9日、本店書庫内で過去の融資資料を探した際に分かった。内部調査の結果、09年2月下旬に実施した書類整理の際に誤って廃棄した可能性が高いという。西京銀にはこれまで紛失した個人情報に関係する問い合わせや苦情などはないという。西京銀は「外部に流出した可能性は極めて低い。再発防止に向け、情報管理を再度徹底する」としている。

 西京銀は09年にも山口支店が振込伝票など約1万2000件を紛失している。

【関連ニュース】
国民生活センター:52人分の個人情報を紛失
情報盗難:生徒1000人分 愛知2教諭、車上荒らし被害
個人情報流出:校長の私有パソコンから 長崎市立中
慶応生協:個人情報を紛失
アリコ:役員報酬の一部返上 顧客情報流出で処分

<自民党>参院選比例代表候補 中野正志氏を公認(毎日新聞)
「論文不正あった」解雇認める=筑波大元教授敗訴−水戸地裁支部(時事通信)
傷害容疑で会社員逮捕=父けられ入院、死亡−新潟県警(時事通信)
各閣僚「鳩山首相支える」=普天間で進退論を否定(時事通信)
<寒暖の差>原因は平年より強めの寒気と暖気のせめぎ合い(毎日新聞)

5年前に泊まった者です…ペンションに乳児と手紙(読売新聞)

 11日午後4時45分頃、福島県双葉町のペンションの男性経営者から「へその緒がついた男の子の赤ちゃんが事務所に置かれていた」と双葉署浪江分庁舎に通報があった。

 乳児は無事で、相馬市内の病院に搬送された。同署は保護責任者遺棄容疑で調べている。

 同署の発表やペンションによると、乳児は生まれて間もない男児で、縦約40センチ、横約30センチの白い菓子折りの箱にバスタオルにくるまれた状態で入れられていた。箱はペンション1階の事務所の机の上に置かれていたといい、男性が同日午後4時30分頃、外出先からペンションに戻った際に見つけた。

 箱の中には「5年前に泊まったことがある者です。私1人では育てることができないので、おかみさんに育てていただきたいと思います。4月10日生まれ」などと書かれた手紙が入っていた。差出人の名前はなかった。男性は鍵をかけずに同日午前10時頃に出掛けたという。

ピザ回し世界V2…埼玉の赤荻さん、大会新で(読売新聞)
【舞台はここに】灰田勝彦「南海ホークスの歌」 なんばパークス(産経新聞)
「減塩後進国」ニッポン  1日9グラムでもまだ多い(J-CASTニュース)
「大臣は逆走」進次郎氏、亀井氏と“初対決” (産経新聞)
<新党>「たちあがれ日本」旗揚げ 平沼元経産相が代表就任(毎日新聞)

<事業仕分け>当選1回の衆参議員95人が「調査員」に(毎日新聞)

 4月下旬からの事業仕分け第2弾を前に、民主党の当選1回の衆参議員95人が「仕分け調査員」として準備を行うことが決まり、同党の地域主権・規制改革研究会(玄葉光一郎会長)が2日、調査員への説明会を開いた。昨秋の第1弾では政府が直接、新人議員14人を含む32人の「仕分け人」を人選したことに小沢一郎幹事長が反発したが、今回は党を介して参加する形をとり摩擦を回避した。

 第1弾では、新人議員の研修会優先を理由に、小沢氏が「待った」をかけ、中堅以上の7人に縮小された。今回は鳩山由紀夫首相が3月24日の政府・民主党首脳会議で指示し、小沢氏も容認した。

 調査員は同研究会が募集し衆院89人、参院6人が応募。行政刷新会議のヒアリング対象外の872法人を、府省別に10グループに分かれて12日までに調査。悪質な例は仕分け対象にする。

 説明会で玄葉氏は「民主党らしさの一つは、若手の活力、調査能力ではないか」とあいさつ。枝野幸男行政刷新担当相は「古い政治の中でよどんでダメになったものを新政権はきっと変えてくれる、という強い国民の期待がある」と語った。【影山哲也】

【関連ニュース】
自民党:「逆仕分け」で反転攻勢…選対に若手起用も
事業仕分け:第2弾に新人議員も参加
事業仕分け:公益法人に関する省庁ヒアリング終了 第2弾
事業仕分け:第2弾 4月と5月の2回に分けて実施
事業仕分け:「官」に宣戦布告 第2弾ヒアリング

教頭が大麻「自分で吸うため」自宅に所持し逮捕(スポーツ報知)
日本の親、成績に無関心=米中韓の高校生比較−財団調査(時事通信)
エコカー補助金、1年間で2865億…多い? 少ない?(レスポンス)
ドライブレコーダー 全都営バスに導入へ(産経新聞)
城下町に“夢の館” 鳥取で3日オープン(産経新聞)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
リンク
主婦 融資
クレジットカード現金化
主婦 借り入れ
探偵事務所
債務整理 無料相談
クレジットカード現金化
出会いランキング
クレジットカード現金化
selected entries
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM